防水するためにはベランダの工事が必要|資格のある業者に依頼する

一軒家

雨水の侵入を防ぐ塗膜

ベランダ

効果が約10年間持続

ベランダの床は、日光や雨風の影響を多く受けることから、劣化しやすいと言えます。具体的には、一戸建て住宅の場合は建築後約10年で劣化し、亀裂などが入りやすくなります。その亀裂が雨漏りの原因となるため、ベランダではそれを防ぐための防水工事が必要不可欠とされています。防水工事では、ウレタン系や繊維強化プラスチック系の塗料をベランダの床に塗ることになります。これらは乾燥すると頑丈な塗膜となるので、これによりベランダの床は、雨水や風の影響を直接受けなくなるのです。どちらの塗料もホームセンターなどで購入できるので、中には自力で防水工事を行うという人もいます。しかしこの場合、防水工事後に塗膜が浮いてきたり破れたりすることがあります。こういったトラブルは、ベランダの床の汚れや亀裂が原因となっています。汚れがあると、塗膜が床にしっかりとくっつかないため剥がれやすくなりますし、また亀裂があると、それが広がることで塗膜が裂けやすくなるのです。どちらの場合も、防水効果が十分に発揮されないので、そのため多くの人が防水工事を専門業者に任せています。専門業者は、最初にベランダの床を丁寧に洗浄しますし、亀裂に関してはコーキング作業で完全に塞ぎます。そのため防水工事後は、塗膜が良い状態で長持ちするようになります。具体的には、約10年間は雨水の侵入を防いでくれるでしょう。また中には、塩化ビニルまたはゴム製の防水シートをベランダに隙間なく張るという方法で防水工事を行う業者もいます。この場合もやはり約10年間、高い防水効果が発揮され続けることになります。